HOME > メッセージ

メッセージ

東京慈恵会医科大学皮膚科学講座レジデント希望者へのメッセージ

主任教授 中川秀己

主任教授 中川秀己

東京慈恵会医科大学皮膚科学講座のモットーは3A、即ちAcademic(学究的)、Aggressive(積極的)、At home(自由な雰囲気)です。3Aを教室の柱として、レジデントの皆様には「高度に専門化する現代医療の趨勢に沿い、初期臨床研修で得た医師としての包括的知識・技能を基盤とし、それらをより一層高めつつ、皮膚科領域の専門的知識ならびに技能を修得し、皮膚疾患に悩む患者を包括的に診療できる皮膚科専門医」を目指して頂きたいと思います。

レジデントの後期研修は本学附属4病院(西新橋、第三、柏、葛飾医療センター)ならびに派遣先の日本皮膚科学会研修指定病院(NTT東日本関東病院、東京逓信病院、東京警察病院)で行ないますが、十分な教育・指導体制がひかれており、レジデント終了後(日本皮膚科学会入会5年後)には日本皮膚科学会が認定する皮膚科専門医の取得が可能です。更に研修期間中には自分の将来と目標を見つめて、細分化専門分野の皮膚外科学、美容皮膚科学、小児・老年皮膚科学、皮膚病理学、皮膚生理学、皮膚分子病態生理学、皮膚生化学、皮膚薬理学、皮膚免疫学、再生学などにも興味を持ち、より深く皮膚科の臨床並びに基礎を学んでいくようになって欲しいと考えています。

「医師は常に自己学習に励み、研讃に努め、患者との信頼関係に基づく医療行為を実践するために教養を深め、人格を高めるように心がけることが大切である」と医師の職業倫理指針に明記されています。つまり、勉学に励み、人格向上に努めることが患者から信頼されてより良い関係を築くことになり、より安全で質の高い医療を提供することが可能になるという内容です。本講座ではこのことが実践できるよう充実した教育体制が整っています。そのためには常に新鮮な感覚で物事を見つめていくことが大切です。余裕を持ちつつ、常に好奇心を持って、楽しい企画も盛り沢山な東京慈恵会医科大学皮膚科学講座で一緒に積極的に学んでいきましょう。