HOME > 沿革

沿革

東京慈恵会医科大学皮膚科学講座

明治29年(1896年)に東京慈恵医院医学校に皮膚科学講座が開設され、初代として笹川三男三教授が就任されました。1890年に東京大学に皮膚病学梅毒科が開設されておりますが、これに次いで我が国で2番目に歴史のある皮膚科学講座です

歴代主任教授
明治29年〜大正11年  笹 川 三男三  東京帝国大学(明治21年卒)
大正11年〜昭和5年 朝 倉 文 三 東京帝国大学(明治21年卒)
昭和5年〜昭和8年 渡 辺 一 郎 東京慈恵会医学校(大正元年卒)
昭和8年〜昭和18年 土 肥 章 司 東京帝国大学(明治39年卒)
昭和21年〜昭和47年 土 肥 淳一郎 金沢大学(昭和6年卒)
昭和47年〜昭和59年 笹 川 正 二 東京帝国大学(昭和18年卒)
昭和59年〜平成15年 新 村 眞 人 東京大学(昭和38年卒)
平成16年〜  現在 中 川 秀 己 東京大学(昭和52年卒)